低侵襲な手術器

  • 熱侵襲域とエネルギー密度

    周波数が高いことで、熱影響を及ぼす範囲は小さくなり、切開・凝固面での壊死の範囲は浅くなります。

  • 電子顕微鏡解析による各機器の熱変性比較(卵管)

    人体組織に対する接触抵抗が小さいほど組織熱の発生が低減するため、周波数が高くなるほど組織損傷が抑えられます。

  • 切開面での侵襲比較

    金属メスと比べても遜色のない、良好な組織保存が可能です。

特長

  • CIN治療での子宮頸部病変切除

    病変が頸部深くまで伸びている場合や、複数回の浅い切除など、病変の大きさに応じて自在に切除範囲の調整が可能です。また、熱変性が少ないので、より良い状態で組織標本の診断が行えます。

  • 外陰病変切除

    コンジロームや異物性肉芽種などの切除術や、焼灼術に適した電極をご用意。組織の保存性がよく、良好な治癒が期待できます。

  • 手術部位感染(SSI)の軽減

    高エネルギー密度で、SSI因子とされる人体組織の炭化範囲を最小限に抑えることができます。

機能

  • 5種類のモード

    3ツボタンフィンガースイッチハンドピース、フットスイッチペダルでモードを切り替えることが可能です。

  • モノポーラ

    8種類の異なる形状の基本電極の他に、各部位に応じた長さや径の異なる電極を取り揃えております。

  • バイポーラ

    ピンポイントでの凝固力が高く炭化が少ないため、組織付着による術中のストレスが軽減されます。

別途販売品、補充品はこちら

ラインアップ/テクニカルデータ

製品コード 13160
電源定格電圧AC100V
周波数50/60Hz共用
消費電力330VA
寸法幅23 奥⾏32.5 ⾼12.7cm
重量8.2 ㎏

ここから先のコンテンツは弊社の製品に関する情報を、
医療従事者の方に提供することを目的として作成されています。
一般の方に提供することを目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療従事者ですか?