DATA 3分で知るアトムメディカル

どんな会社だろう?どんな職場だろう?気になる事は沢山あると思います。
アトムメディカルの事業に掛ける想いや事業展開をスライドで、
働きやすさなどが分かるデータを数字で簡潔にご紹介します。

1 ひと目でわかる

  • 創業1938

    中国・奉天市(現 瀋陽市)に千代田商会創業

  • 日本初の国産保育器メーカー

    1951年、日本の新生児死亡率は1,000人中27.5人でした。
    アトムメディカルでは“生命へのやさしさ”を心に、戦後間もない1952年から保育器の販売を始めました。

  • シンボルマークの意味は
    「アトムのAを、ふたつの赤い
    楕円形でシンボライズ」

    赤い楕円形は生命を表し、ふたつの楕円形の重なりによって生命の出会いと融合による愛、そして力強く上昇し発展するかたちをイメージしています。

  • ▶事業拠点

    国内13カ所(営業所10カ所)

    営業所:札幌、仙台、埼玉、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡
    工場:埼玉(浦和、戸田、川越)

    海外3カ所

    イタリア(ミラノ)、フィリピン(セブ島)、アメリカ(ペンシルベニア)

  • ▶取扱製品

    品目数は2,500点以上(アイテム数4,000点以上)

    保育器だけでなく、分娩台・検診台・分娩監視装置、在宅介護用マスク、手術用器具など幅広い製品を取り扱っています。

  • 現在、保育器は…

    国内シェアNo.1(85%以上)
    世界90各国へ輸出

    2010年には、医療の進歩により日本の新生児死亡率は1,000人中1.1人となり、世界で最も低い国となりました。
    アトムメディカルは、日本で唯一の国産保育器メーカーとして現在でも多くの医療機器を世界中に届けています。

2 数字で知る!